数の集合

SNS Accounts

SHARE

Side Menu

高校数学編

論理・集合

数・式

変化

空間

確率

論理・集合

数・式

群環体論

線形代数学

整数論

表現論

実解析学

複素解析学

関数解析学

位相幾何学

微分幾何学

代数幾何学

Side Menu

数・式

有理式

9.数の集合

数の集合記号

\(\mathbb{N}\):自然数全体の集合
\(\mathbb{Z}\):整数全体の集合
\(\mathbb{Q}\):有理数全体の集合
\(\mathbb{R}\):実数全体の集合
\(\mathbb{C}\):複素数全体の集合

数の集合

\(\mathbb{N}(自)\subset \mathbb{Z}(整)\subset \mathbb{Q}(有)\subset \mathbb{R}(実)\subset \mathbb{C}(複)\)
これらは集合である。

例 \(1 \in \mathbb{N}\)

注意

これまでの定義から\(0\)は虚数ではない。

←複素数


Menu

数の演算法則→