自然数と整数

1.自然数

自然数

 \(1,2,3…\)と続く数を自然数という。

コメント

自然数は個数や順序を考えるときに用いる数である。
厳密には「ペアノの公理」によって定義される。

\(1\)から始まり\(1\)を足していって作られる数である。

四則演算

自然数は加法乗法が自由に行える。

自然数\(+\)自然数=自然数
自然数\( \times\)自然数=自然数

補足
自然数には\(0\)が含まれる流儀もある。

2.整数

整数

 \(…-1,0,1,…\)と続く数を整数という。

コメント

自然数に\(0\)とそれぞれの負数(お互い足し合わせると\(0\)になる数)を付け加えたもの。

四則演算

自然数は加法減法乗法が自由に行える。

整数\(+\)整数=整数
整数\(-\)整数=整数
整数\( \times\)整数=整数
整数での商は整数になるとは限らない(有理数に続く)